各会社ごとに様々な給与体系があります。

日給制で働く際、注意すること

日給を含む色々な給与体系

日給制で働く際、注意すること
各会社ごとに様々な給与体系があります。アルバイトは時給、正社員は月給、契約社員は日給などと大まかに分けられます。ですが、他にも様々な給与体系があり、内定面談時や求人の際に、日給月給制などと聞かされた人もいらっしゃることでしょう。一般の会社が、月給制という場合は、この日給月給制と完全月給制に分けられます。完全月給制は、遅刻、早退、欠勤があってもそれに伴う控除はありません。日給月給制とは、遅刻、早退、欠勤などをした場合は、給与から相当額が控除されること、つまり働いた日数分だけ月の給料日に支払われることです。月給制と言われているほとんどの会社は、この日給月給制です。

労働法に規定はなく、日給制、日給月給制、月給制の他にも年棒制というものがあります。年の支給総額を決めておき、月に分割して支払う制度であり、分割を12以上にし、賞与のように支払う場合もあります。このように、各会社によって給与体系も様々あります。大まかに日給や時給、月給はよく聞きますが、他の細かい給与体系については知らない人がほとんどのようです。知らずにいると思わぬ落とし穴が待っている場合もありますので、入社前や、内定条件交渉の時などに、給与体系はどうなっているのかと、しっかりと確認して知っておくことが大切です。もし、明確な返答がなされなかった時は、その会社の入社について、もう一度よく考えてみる必要があります。

Copyright (C)2017日給制で働く際、注意すること.All rights reserved.